今サウナが非常にアツい話

今サウナが非常にアツい話

サ猫です。

いきなりですが、みなさんはサウナは好きですか?

僕は大好きです。

サウナが好きで、サウナ好きな方と繋がりたい、

もっとサウナを好きになる方を増やしたい!

その目的でブログスタートです。

 

サウナを語る理由

最近よく感じることがあります。

それはサウナの魅力を知らずにいる方が

とても多いということです。

正直、サウナの魅力を知らずにいる方は

人生の半分損してます。

いやそれ以上かもしれません、、

知らない方でも現状の生活で何もお困りでない方は、

スルーしていいです。

ただ現代社会にそんな賢者います?

ノーストレスの方って少ないですよね、、

普段からストレスを抱えていたり、

仕事で疲れて身体が重たいという方、、

笑わせようとしてスベって大火傷してしまった方、、、、

そんな方にサウナの魅力を伝えずにはいられないんです!!!!!

そんな方がもしいるとしたら、

僕は救ってあげたいと心から思ってます。

こちらのブログではサウナの正しい魅力を発信しながら、

プロサウナーに向けてのディープな話題まで入っていきたいと思っています。

しかしサウナ迷子たちを救うことも重要なミッションなので、最初はマイルドに

サウナとは?というところぐらいからじっくりご紹介します。

(低温サウナのようにね)

 

サウナを知らない人はいない

まずサウナそのものを知らない人はほとんどいないと思います。

スーパー銭湯には必ずあるし、スポーツジムにも大体あります。

それにサウナに実際入ってる人も多いんです。

意外と多い日本のサウナ人口

2019年12月の「日本のサウナ実態調査」によれば、

月に4回以上サウナに入る人、ヘビーサウナーの方の人口は「342万人」

月に1回以上サウナに入る人、ミドルサウナーの人口は「651万人」

年に1回以上サウナに入る人、ライトサウナーの人口は「1768万人」

1年間に1回以上サウナに入る人の人口は

なんと2761万人!!!!

推定人数ですが、月1回以上サウナに入る人はなんと1140万人もいるんです

いかに日本人がサウナが好きかわかる数字ですよね~!

これだけ普及してればあまり僕の仕事はないようですが、、(´-`)

 

悲しい数字も・・・

ここから何とも悲しい数字をお伝えしなければなりません・・・

何と先ほどのサウナ人口のうち、

サウナに入った後に水風呂には入らないという方の

割合なんと・・

66%・・・

・・・

・・・

(゚Д゚)ハァ?

僕は3度見したあとに目をゴシゴシしました。痛かったです。

これが日本のサウナの現実・・・・

つまり3人に1人しか水風呂までたどり着けていないのです。

ありえませんね・・・ これは本当にありえないです。

なぜなら【サウナ=水風呂】だからです。

ここについては次回じっくり深堀していきます。

 

 

なぜ今サウナがアツいのか

とは言ってもみなさんサウナに対してどんなイメージ持ってますか?

”サウナなんて蒸し暑いし、不快、水風呂は拷問級

全裸のオッサンらが密集し合うストレス社会が生んだメタボゾンビの墓場”

そう思ってる方いませんか?

実際それは間違いではありません(笑)

ですが、最近は若い層からもかなりブームが起きており、

ここ近年は特にサウナがめちゃくちゃ盛り上がってます。

各地のスーパー銭湯始め、サウナ専用施設の進化、

ロウリュの民主化、

サウナフェスジャパンの開催、

アウトドアとサウナの融合、

芸能人のサウナ好き発言や、

優れたサウナに与えられるサウナシュランの誕生、

タナカカツキさんによるサウナ漫画「サ道」、

そして2019年に原田泰造さん主演でドラマ化もされました。

サウナに関するコンテンツはまだまだあります!!!

しかしそれらはあくまでもきっかけ作りであり

真のサウナ人気のわけは、

”今の時代が求めているものと、

サウナがもたらしてくれる効果がマッチしているから”

これに尽きると思います。

今の時代、目に見えぬストレスを抱え先々の不安が日々押し寄せてきますよね。

コロナ禍なんてそれの最たるものだと思います。

そんな閉塞感を打ち破り、人生をより明るく前向きに感じつつ

生きていく活力を、サウナを通して得ることができるんです!!

まとめ

ここまで長く話しましたが、サウナが今とにかくアツいというメッセージは

伝わりましたか?

サウナは、そう

令和の時代を生き抜く戦士には必要不可欠な存在なんです。

次回は、なぜサウナ好きの3割しか味わっていない

サウナの真髄、【水風呂】について ご紹介します。

期待してくださいねー!😏